和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山県Y様邸】雨漏り修理・防水工事【下地調整を行います】

いつもお世話になりありがとうございます。

台風シーズンに備えて、雨漏り修理に専念しているサンエスリフォーム部です。

この投稿をInstagramで見る

今日は塩ビシート防水の下地調整を行いました☔️ #サンエス#和歌山#海南#塗装屋#塗装職人#防水#防水工事#塩ビシート防水 #コロナに負けるな#熱中症対策#いいねありがとうございます#フォローありがとうございます

ワンランク上のプロ塗装集団 サンエス(@sanes.wakayama)がシェアした投稿 –

【和歌山県Y様邸】雨漏り修理・防水工事を行います

ありがたい事に少し前に、雨漏り調査の依頼をいただいたY様の工事をさせていただけることになりました。

【和歌山県内どこでも】屋根・屋上の雨漏り無料点検を行います!!

本日はそちらの、雨漏り修理・防水工事の工程をご紹介させていただきます。

今回の雨漏り修理は「塩ビシートアンカー固定工法」という防水工事です。

非常に長い名前の工事なのですが、簡単に説明すると

塩ビシートを屋上に敷に敷き詰めて、雨漏りを防ぐというものです。

詳しくは、内容を除いていってもらえればと思います。

塗装工事も防水工事も全力で取り掛かっていきますので、よろしくお願い致します( `ー´)ノ

まずは劣化部分・いらないものを撤去していきます

旧防水はFRP(ガラス繊維)という素材での防水でした。そのFRPが劣化している部分や、

今回の防水工事で新しいものに変更する部分を撤去していきます。

脱気筒という防水層の空気を逃がす部分ですが、こちらは新しいものに変更するので撤去いたします。

撤去したものは持ち帰って、こちらで処分させていただきます。

ケレン・清掃作業を行います

このFRP素材の上に塩ビシートを被せて雨漏り修理をおこなうのですが・・

このFRP素材がさらに劣化していくのを防ぐために、

セメントを塗装していきます。

まずは、そのセメント塗装のための清掃・ケレン作業を行います。

汚れいる部分・旧塗膜の剥がれている部分を擦っていきます。

全体をチェックしながら、丁寧にケレン、清掃作業を行います。

続いてカチオン塗装を行います

続いて、セメント系カチオン塗装を行います。

今回使用する材料は、菊水化学のカチコテSPというセメント系カチオンフィラーです。

コテで材料を丁寧に塗装していきます。

これにて、カチオンフィラー塗装が完了しました。

下地処理の工程はこれで以上です。

次回から本格的な防水工事がスタートします。

それでは次回からも、親切、信頼、スピーディーをモットーに無事、雨漏りを防げるように頑張ってまいります( `ー´)ノ