和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山県海南市】S様邸、外壁屋根塗装#7【付帯物の下地処理】

いつもお世話になりありがとうございます。

サンエスの健康診断があったのですが、

血液検査の注射が怖すぎて昨夜あまり寝れなかったサンエスリフォーム部です。

さて、本日は和歌山県海南市S様邸の外壁屋根塗装作業の続き→前回

付帯物塗装の工程をご紹介させていただきます。

下地調整を行います!

下処理作業は上塗りを塗ってしまえば、わからなくなってしまう工程ですが、ここをきっちりと押えておかないと上塗り本来の耐久性を最大限に生かすのが難しくなります。

結果、すぐに色あせてきたり、サビてきたりと、次の塗り替えまでの年数がぐっと短くなります。

そうならないためにもサンエスは下地処理に徹底的にこだわった塗装を行っています( `ー´)ノ

まずは、研磨紙ずりといって、

ペーパーを使用し塗料の密着を強くする下地調整を行います。

樋を丁寧に擦っていきます( `ー´)ノ

基礎と壁の間にある、水切りという部分です。細かいですが徹底的にペーパーで擦っていきます。

鉄の部分はサビを極限まで落としてから塗装させていただきます( `ー´)ノ

続いて、サビ止め塗装を行います!

研磨紙で汚れを落として荒目をつけた鉄部分にはサビ止め塗装を行っていきます!

樋の横にある板(破風板)部分です!

換気フードにもサビ止めを塗装します。

水切り部分も塗っていきます!

出窓の上にもきっちりと塗装します( `ー´)ノ

樋の金具部分です!

フェンス部分は吹き付け塗装でサビ止めを塗っていきます!

下地処理・サビ止め塗装はこれにて完了です!

付帯物塗装の下処理は完了しました。次回は上塗りを2回行っていきます( `ー´)ノ

それでは明日からも、親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります!