和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山市新中島】雨漏り修理【新防水層設置作業】

いつもお世話になりありがとうございます。

梅雨に向けての外壁塗装、雨漏り修理で忙しくさせていただいているサンエスリフォーム部です。

実際に雨がもってしまう前に対策しておくのが理想ですが、雨がもってからでもばっちり修理を行っておけば緊急事態をまぬがれる場合もございます。

何かありましたら気軽にご相談いただければと思います。

さて本日は実際に雨漏り修理を行っている現場の作業報告を行っていきます。

前回、絶縁シート、塩ビ鋼板を取り付けまで完了しています。

その上に新たな防水層を設置していきます。

塩ビシートを敷き詰めていきます。

こちらの塩ビシートはプールにも使用させています。なのでしっかりと浸水を防ぐことができます。

鉄手すりの外側にも敷き詰めていきます。

塩ビシートと塩ビシートのつなぎ目は溶着液を使用しつなぎ合わせていきます。

しっかりとつなぎ合わせていきます。

溶着液でつなぎ合わせた後、さらに熱を使用しシートをつなぎ合わせていきます。

防水シートのつなぎ合わせが完了したら、次はIHディスクとシートを熱でくっつけていきます。

これにて本日の作業報告は完了です。

ここまで行えばもう雨漏りは防げます。

次回は細かいところをしっかりとチェックして対策していきます。この細かいところというのも非常に重要。

「え、こんなところから」って場所から雨が洩っているケースがほとんどです。

それが起こらないためにも最善の対策をおこなってまいります。

それでは明日からも、親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります!