和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山市新中島】雨漏り修理【下地処理~鋼板取り付け】

いつも大変お世話になりありがとうございます。

サンエスリフォーム部です。

 

ヒートテックを着なくても快適に過ごせる気候になっていきました。

この仕事日和の季節におかげさまで忙しくさせていただいております。

ありがとうございます。

 

この投稿をInstagramで見る

ワンランク上のプロ塗装集団 サンエス(@sanes.wakayama)がシェアした投稿

 

 

 

それでは本日は和歌山市新中島で行っている雨漏り修理の作業報告を行います。

 

前回の続きの下地処理。

下地の劣化によって、新たな防水層を傷つけるのを防ぐためにセメントを塗布していきます。

セメント【カチオンフィラー】の塗布が完了です。

 

セメント【カチオンフィラー】がしっかり乾燥したら、再度ケレン作業・清掃作業を行います。

 

 

しっかりケレン作業を行ったら材料の搬入です。

 

こちらが今回の新たな防水層に設置する塩ビシートです。

アーキヤマデのリベットルーフを使用させていただいています。

 

25kgを17本、屋上まで持って上がると汗だくです。

 

 

材料の搬入が完了したら、新たな防水層と現在の防水層の間に保護シートを敷き詰めていきます。

その保護シートを接着させるために、ボンドの塗布を行います。

 

こちらがその保護シート【絶縁シート】です。

このシートがクッションになって、新たな防水層を傷つくのを守ります。

 

 

新たな防水層【塩ビシート】を固定するための塩ビ鋼板を取り付けていきます。

鋼板を屋上にアンカー固定します。

 

塩ビ鋼板の取り付けが完了したら、平場と塩ビシートを固定するためのIHディスクを固定していきます。【後に敷き詰めた塩ビシートと固定された円盤型のディスクを熱で接着させます】

 

ディスクの取り付けが完了しました。

 

本日の作業報告は以上です。

 

それでは明日からも、親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります!