和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

和歌山県G様邸 シャッター・雨戸シリコン仕上げの作業報告

いつもお世話になりありがとうございます。

サンエスリフォーム部です。

本日はシャッター・雨戸シリコン仕上げのご様子をご報告いたします。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワンランク上のプロ塗装集団 サンエス(@sanes.wakayama)がシェアした投稿

 

持ち帰るのが可能な雨戸は倉庫に持ち帰って塗装させていただくのですが、

雨戸を持ち帰るのが困難な場合は、現場にて吹き付け仕上げをさせていただいています。

 

まずはサビをおとしたり、塗料の密着を強くするために研磨紙擦りを行っていきます。

 

 

 

 

しっかりと研磨紙擦りをおこなったらサビ止めを塗装していきます。

 

 

サビ止めの塗装が完了したら、上塗りを吹き付けていきます。

今回使用した材料は、SK化研のクリーンマイルドシリコンです。

  

 

1回目の吹き付け塗装が乾燥したら、もう一度仕上げ吹きを行っていきます。

 

 

 

これにてシャッター・雨戸の吹き付け塗装は完了です。

続いてはローラー仕上げの雨戸塗装を行います。

 

こちらも同じように研磨紙擦りからスタートです。

こちらの雨戸は非常に状態が良かったので、サビ止めは部分的にタッチアップ塗装を行っています。

その上に、上塗りのシリコン塗料を塗装していきます。

 

1回目の上塗りが乾燥したら、もう一度同じように塗装していきます。

 

これにて、雨戸のローラー仕上げも完了です。

 

ほとんど劣化していないシャッター雨戸などの場合は、塗装しなくても大丈夫ですよ。という話をしたりするのですが、

雨戸が外壁のデザインの一部になっている場合は色褪せが発生していると塗装することをおすすめしています。

 

それでは明日からも、親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります!