和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山県Y様邸】雨漏り修理・防水工事【改修ドレン・脱気筒設置】

いつもお世話になりありがとうございます。

ここ数日、雨漏り修理のご様子をご紹介しているのですが、もちろん外壁塗装も行っているサンエスリフォーム部です。

この投稿をInstagramで見る

塩ビシートを取り付けたら脱気筒を設置します! #サンエス#和歌山#海南#塗装業#塗装職人#ペンキ屋#防水#防水工事#塩ビシート

ワンランク上のプロ塗装集団 サンエス(@sanes.wakayama)がシェアした投稿 –

前回からご紹介している、和歌山県Y様邸の雨漏り修理、防水工事がもうすぐ完了致します。

【和歌山県Y様邸】雨漏り修理・防水工事【塩ビシート敷き詰め】

今回は、ドレン廻りの細かな工程や、脱気筒の設置のご様子をご紹介させていただきます。

改修ドレンを設置します。

既存のドレン(水が流れていくところ)も雨漏りの原因になるので、改修ドレンを設置していきます。

まずは、ドレン専用鋼板というプレートを固定します。

ちなみに、こちらは塩ビシートを張り込む前の、絶縁シートの段階で固定しています。

続いて、こちらの専用プレートの中に新しいドレンを設置します。

新しいドレンをしっかりと溶着したら、その上に塩ビシートを被せていきます。

新しい塩シートと、ドレン廻りのプレートをしっかりと溶着していきます。

ドレンの穴の部分だけシートを切り落としていきます。

ドレンの穴以外のシートを傷つけないように慎重に作業を行います。

ドレン部分のシートを切り落としたら、その廻りをしっかりと溶着します。

続いて、脱気筒を設置します。

脱気筒を設置し、既存の防水層からの湿気の逃げ道を作ります。

脱気筒を設置していないと、最悪の場合、新しいシートが膨れ上がってくることもあります。

脱気筒を設置する場所のシートを切り落としたら、脱気筒を固定するためのアンカーを埋め込みます。

埋め込んだアンカーに脱気筒を固定します。

最後に、脱気筒の重なり部分に補強用の塩ビシートを溶着します。

改修ドレン・脱気筒設置、完了です。

改修ドレン、脱気筒の設置が完了しました。

改修ドレン設置完了です。

脱気筒の設置が完了です。

これにて、本日の報告は完了です。

次回は、最終チェックとコーナー部分の補強、ジョイントのシーリングをご紹介します。

次回の工程で、和歌山県Y様邸の雨漏り修理工事は完全に完了となります。

それでは、明日からも親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります( `ー´)ノ