和歌山の外壁塗装なら海南市「株式会社 サンエス」

お知らせ

【和歌山県T様邸】外壁屋根塗装リフォーム#4【屋根塗装の工程】

いつもお世話になりありがとうございます。

先週までの雨が嘘のように、晴天の日々が続いているので仕事がはかどって仕方がないサンエスリフォームです。

この投稿をInstagramで見る

今日の一枚📸 雨戸を吹き付け塗装しました✌️ #サンエス#和歌山#海南#塗装#塗装屋#外壁塗装#塗り替え#雨戸#吹き付け塗装

ワンランク上のプロ塗装集団 サンエス(@sanes.wakayama)がシェアした投稿 –

※雨戸塗装は基本的に工場に持ち帰って塗装していますが、場合によってはお宅で直接塗装させていただく場合があります。

という報告はさておき、

本日は暑い日に作業するは、水分補給、日焼け止めが必須の屋根塗装リフォームの工程をご紹介させていただきます。

屋根リフォームの工程

今回ご紹介するのはカラーベストという素材の屋根塗装工事です。

高圧洗浄は前回行っているので、その続きからの作業になります。それではきっちりと慎重に作業にまいります( `ー´)ノ

まずは板金部分のサビ止め塗装を行います

板金部分の錆・劣化を防ぐためにまずは、サビ止め塗装を行ってまいります。

サビ止め塗料が綺麗に付着するように、荒目をつけていきます。

サビ止めはばっちり仕上がりました。

板金部分のつなぎ目、釘、ひび割れの補修

細かいひび割れや、板金部分のつなぎ目のシーリングを行っていきます。

釘部分もシーリングで補修致します!

下塗りです

サクサクになってしまった、屋根材(カラーベスト)の上に下塗りを染み込ますように塗装していきます。

今回使用した材料は、屋根専門塗料メーカーORIENTAL塗料のニューマイルド優雅です。こちらはシーラーレスで耐久性・耐候性共に優れた塗料です。

ここで、ポイント

1回目の塗装が完了したら、屋根材と屋根材の取り合いにタスペーサーという器具を設置していきます。

この作業を行わずに屋根塗装を進めると雨漏りの原因になるので注意が必要です。

屋根材のつなぎ目を塗料で埋めてしまうと、微かな隙間から雨が逆流して最悪の場合室内まで雨水が伝っていきます。

そうならないために、あえて、屋根材のつなぎ目に適度な隙間をつくっておきます。

もう一度塗装を行います

タスペーサーの挿入が完了したら、もう一度同じ塗料を上に塗り重ねていきます。

さらにもう一度塗装をおこないます

ニューマイルド優雅を2回塗装するだけでも、十分な耐久性を得ることができるのですが・

さらにクリアー塗装で屋根をコーティングして強度をアップさせます。

こちらのクリアー塗装の材料は、同じく屋根塗料専門メーカーORIENTAL塗料のタフグロスコートという材料です。

これにて屋根塗装リフォームは完了です。

これにて屋根塗装はばっちり完了致しました。

次回からは外壁の塗装工事を進めていきます。

それでは、明日からも親切、信頼、スピーディーをモットーに頑張ってまいります( `ー´)ノ