屋根塗装

屋根塗装はなぜ必要?

普段、あまり気にかけることのない屋根の状態ですが、実は建物の寿命は、屋根によって決まるといっても過言ではありません。

強い日差しや風雨から屋根を保護する役目に塗られた塗膜は太陽光線、紫外線放射熱、酸性雨などでどんどん劣化していきます。

また遮熱塗料を塗ることで暑い夏場の屋内の室温上昇を防げるケースもありますので、是非一度、ご相談ください。

 

チェックポイント

日本の標準的な建築物の構造上、なかなかご自身で目視することは難しいでしょう。そういう時は専門業者による定期的な点検が望ましいです。

 

3年~5年に一度の点検が理想的!

そのなかで必要に応じてメンテナンスを行うことで強度や耐久性を取り戻し、建物の寿命を延ばします。もちろん見た目も美しくなります。

太陽光や紫外線、雨、風の力をまともに受ける屋根は外壁よりも素材自体に耐久性がありますが、塗膜が劣化した状態で放置すると、屋根の防水性が失われ建物の劣化は加速度的に進んでいってしまいます。

 

なかなかご自身で目で見てチェックすることが難しい屋根ですが、こちらも外壁同様に侵食が進むほど修繕費用がかさんでしまう傾向にあります。早めの処置をオススメします。

是非一度、宮坂建装の無料診断をお受けください。一級塗装技能士の資格保有者がお客様の建物を責任を持って診断させていただきます。

 

 

contents_bnr_color